スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE REALGOODS「英国音楽/VINYL JAPAN proudly presents 25TH ANNIVERSARY GIGS vol.2」@LIVE HOUSE CB

1112061.jpg
寒い夜にはmilk and alcohol!
THE REALGOODSとは
あのDR.FEELGOODのoriginal memberのSPARKO(bass),THE BIG FIGURE(drums)
とWILKO JOHNSON脱退後の第2期DR.FEELGOODを支えた天才guitarist JOHN"GYPIE"MAYO
の3人に、LEEが亡くなった後に2代目vocalistとして加入したPETE GAGEが加わった
NEW PROJECT!!!
現存する名ばかりのDR.FEELGOODに比べ、遥かにFEELGOOD!!!
あの第2期DR.FEELGOODの名曲は勿論、第1期のDR.FEELGOODの名曲をも熱き演奏が...!!!
(vinyl japan公式サイトより)

Lew Lewisを追いかけていたら必ず通るDR.FEELGOOD。
パブロック初心者の私でも、言葉より先に音に動かされる、ワルくて渋くてカッコイイ、ライブ感が凄いバンドだと思います。
現在活動しているFEELGOODは結成初期のオリジナルメンバーは誰もおらず、いつのころの誰の曲が好き、とファンの中でも好みが分かれる側面もあります。
リーさんとウィルコさんの在籍していた初期の曲ばかりを聴いていたので、今回ボーカルのピートさんの音源を聴いた事がなく(ああごめんなさい予習しておけばよかった!)ちょっと不安だった面もありました。
でも、でも、今年3月のLew Lewisの際に、バンドメンバーとして来日したスパーコさんに会いたかったん、だー!
安定したベース音とステージングもさることながら、ぽこっと出たお腹の上にベースがてんと乗っかっている、それが忘れられない…。
セトリや詳しいMCは全くない、感想文と落描きです。有益な情報はございませんが、それでもよろしければ、どうぞ。

福岡の港近く、つまりは海の近くにあるライブハウスCB。
開場1時間前にやってきたものの雲行きが怪しくなり、寒い…。
丸まってよう、と軒下でコートを抱えて小さくなっていると「寒いだろー」とvinylの方に招き入れられ、わー風邪ひかずにすむ!とついていったら、リハーサル中のTHE REALGOODSが目の前にどーん。
…え、ええー!!
いきなり大変な展開に。

リハ後に許可をいただいて突撃。
メンバー4人を前に、来てくれてありがとう、待ってました、と伝えるのにも必死。英語が出てこない錆付いたこの頭!
福岡の菓子です、気に入ってもらえるといいけど、と二○加煎餅の箱をスパーコさんに渡したところ、早速箱を開けてくれ、ありがとうと言って笑ってくれました。
インパクトあるデザインに圧倒されているスパーコさんが、可愛い…!
もうこの時点で、心のメーターが吹っ切れ寸前。
危うくライブ前に燃え尽きるところでした…。煎餅で(笑)。
前座として演奏する博多ザブリスコのメンバーさんが、THE REALGOODSのリハを食い入るように見つめていて、同じ音楽の大先輩へのリスペクトを感じました。
夢のような数分間。凄い幸運だ…(感涙)!

開場してステージ中央1列目に滑り込み、観る気満々で気合を入れていたのですが、お客さんの入りが微妙。
開演30分前まで10人いなかったと思います。
会場はステージと客席の間はないに等しく、最前列は本当に「足元」でした。
小柄な人なら、ステージに立つボーカルの腰のところに顔が来る高さ。
おかげでボーカルマイクのコードがばちばち頬に当たるわ膝を避けなきゃ当たりそうになるわで、ボーカルのピートさんがとても気を使ってくれました…orz。そのくらい平気です!むしろ光栄です!

・博多ザブリスコ
Lew Lewis 来日の際も前座を見事につとめた地元のバンドです。
ボーカルギターのジャガーイケミさん、キーボードのゆかりんごさん、ドラムのcheeさんの3人バンド。
イケミさんの赤いテレキャスは、今夜もじゃきじゃき鳴っていました。
ゆかりんごさんのスカートを揺らしながらの演奏パフォーマンスが華やかで、見ているだけでも笑顔になってしまうステージ。cheeさんは「姉御!」の風格でした。かっこいい女性ドラマー。
季節柄寒かった空間の温度を一気に上げ、多くの歓声を受けて楽屋へ。

・THE REALGOODS
一度ステージと客席の間にカーテンが引かれ、機材セッティング。
ふと気がつくとお客さんがかなり増えている…。
でも、一度も背中に圧迫感を感じなかったので、非常に聴きやすい環境でした。
CBの照明の雰囲気がとても好きです。青が深いけど冷たくなくて、赤が黄み寄りで、こう、上品なんです。なんとなく。
20歳台~60歳代まで幅広い年代で男性が大多数。
お話してみると、九州各県から宿を取っていらしている方が何人も。
BGMが切れ、カーテンがするりと開くと、そこにはピートさん以外のメンバーが。
紺のストライプのジャケットを着たボーカルのピートさんが中央に歩み出て挨拶をし、そこから、トータル2時間分のパプロック詰め込みライブが始まりました。

私が知っている曲は本当に少なくて、レポートの体裁を取れません。それが今本当に悔しいです。
でも、目の前で歌い、弾き、叩いているTHE REALGOODSは文句なしに格好よかった。
演奏しながらも余裕があるというか、貫禄があるというか、いっぱいいっぱいにならない緩さがさすが玄人。
ギターのジッピーさんが目を細めてチョーキングした時、一瞬真島さんのことが頭をよぎりました。
彼がジッピーさんの年齢になってもギターを鳴らし続けているのを観たい、なんて。
スパーコさんはどんと構えて頷きながらのベース。安定感抜群。
ビッグ・フィガーさんのドラムは必要最小限のセットながら、凄く切れがよかったです。

ピートさんがハープをしまっている場所ですが、どうやらジャケットの左右ポケットとズボンの左ポケットだったようで、場所によってキーを区別しているみたいでした。
でもライブが進むにつれて戻す場所がずれたらしい…。
ライブ後半、上着を脱いだ後、曲間でジッピーさんが「どうした」とピートさんを小突き、ピートさんハープの指差してにやり。
ピートさん、上着から出したハープのキーを間違えて吹けなかったみたい。
結局、笑顔とステップでごまかされました(笑)。
ピートさんの楽しそうな笑顔、曲間に何度も「アリガトウ!」と言う声。
アンコールのルート66を演奏してステージを降りた後、鳴り止まぬ拍手に「1曲だけ」と出てきてくれたメンバー。
メンバー紹介のソロ演奏を交えた「Back in the night」でした。
「コンバンハ~!」というなんだか使い方間違えてる挨拶がお茶目で印象的でした。

数時間前の寒さはどこへやら、外に出ても熱くて仕方がなかった。
それは皆同じだったようで、頬を上気させて「最高だった!」「あの曲がよかった!」とあちらこちらで話し込んでいました。
来年3月のLew Lewisに来るという方も多いので、また会いましょう!の声をかけて会場を後にしました。

演奏中、私が手拍子するために掲げた左手を、ピートさんにがっちり握られました。
びっくりして顔を上げたとき見た青灰色の眼が「楽しんでるかい?」と問いかけているようでした。
最高の笑顔を返せていただろうか、伝わってくれてたらいいな。

楽しかった、たのしかったよ、来てくれてありがとう!!
1112062.gif
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

SPARKO/SPARKO/SPARKO

☆素敵な絵ですね。ものすごくあったかい。
日曜日の下北沢ガーデン。いきなり参戦したのはスパーコに会いたいからでした。
左手と視線、読んだだけで熱い。最高!
ヒロトたちの60代ライブを想像しちゃいます。
ろっけんろ

peroperohirotoさん

こちらでははじめまして、ご訪問ありがとうございます。
EDDIE AND THE HOT RODSも観られたんですよね下北沢っ!いいなあ!!
スパーコさんについて、私はまだファン暦が浅いのですが、ベースも人柄もとても魅力的な方ですね。
音楽っていいなと再認識させられた、すごいライブでした。

絵への感想、嬉しいです。
ありがとうございました!

イラスト素晴らしいです!

検索でヒットして見に来ました!まずはこのイラストが素晴らしい!最終日の大阪公演に行ってきました!サイコーに楽しい夜でした!博多はジャガーさんでしたね!お世話になってます!また3月はルールイスですもんね!今から楽しみにしてます!お邪魔しました!

No title

おお、イラストすごい似てるッ!さすが。
リハ&サイン&煎餅よかったね!調べたけどこの煎餅の箱すごいインパクト(笑)
福岡ライブも最高だったようで!お互いピートにメロメロっすね。
来年はHotrodsも福岡にも行ってくれたらいいのに。
(既に来年も来日する前提)

nobu3さん

検索から…!ようこそはじめまして!
最終日の大阪も盛り上がったんじゃないかなあと思いつつ、余韻の中でCDを聴きかえしておりました。
3月のルールイス、また盛り上がりますね。楽しみです!
イラストについてはその、お褒めの言葉をありがとうございます(照)。
nobu3さんの大阪のレポも拝見しました。
これからも通わせていただきます。コメントをありがとうございました。


伊豆娘さん

ジッピーさんが思ったよりもふんわりした感じの方で驚きました。
ライブ途中でシャツがめくれちゃって「うわ!」ってお腹隠していたのが…(何を見ているんだ私)。
お煎餅は「珍妙なもん貰った」位に記憶に残ればと選びました。
来年こそはHotrods観る気満々です。
vinyl japanさん、どうぞ頑張って呼んできてください…!
コメントありがとうございました!
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

たとと

Author:たとと
@viator_worksでTwitterやってます
絵を描くことと音楽を聴くことが好きです
絵ばっかりですが、時々覗いてくださるとうれしい
クロマニヨンズ/忌野清志郎さん/怒髪天/チリヌルヲワカ/50回転ズ/中村達也さん/友部正人さん/ラーメンズ
Painterと透明水彩が相棒です
Dr.Martensのブーツと緑色の変温動物を偏愛しています

follow?
viator_worksをフォローする
リンク
for mobile
QR
visitor
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。