スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.08.19 KIKIBAND 『KIKI BAND JAPAN TOUR 2012 DINOSAUR SCRAMBLE』@SPACE TERRA

1208192.jpg
おいでませ九州!
ご無沙汰しております…。
気がついたら1ヶ月近く何も書き込みをしていませんでした。
(blogのトップに広告が出てきたのは初めてだ…!)
元気に音楽を聴いて絵を描いていますので、夏バテ知らずです(笑)。

さて、前回こまっちゃクレズマのライブで九州にいらっしゃった梅津さんですが、今回はKIKIBANDとして九州上陸!
ギターの鬼怒さんとドラムのジョーさんを間近で観るのは初めてで、しかも、KIKIBANDとしては、九州では初ライブ。
ライブハウスがビルの地下にあったため、周囲をぐるぐる探し回るという(予想通りの)タイムロスはありましたが、無事に開場に間に合いました。
見つけた見つけたー、と一息ついていたら、食事に行くKIKIメンバーとばったり。
8月12日(日)の所沢のライブから8日間、毎日ライブ、毎日移動で、今日の福岡で一区切りつき、ライブが終わればちょっとゆっくりできる、とのことでした。
そういわれてみればそうだ。
大変すぎる。みっちり詰まってる…。
メンバーとスタッフの方、本当にお疲れ様です。

ライブの内容は
前半に各人の新曲をメインに5曲、後半に今までのアルバムの中から5曲、アンコールで1曲。

ギターの鬼怒さんと、ドラムのジョー・トランプさんの演奏を間近で見るのは初めてでしたが、最初から音に聞き惚れてしまいました。
鬼怒さんのギター演奏は、でしゃばらずに優しく鳴っている風のような爽やかさがあって、梅津さんの艶やかなサックスの音に寄り添うような印象でした。
鬼怒さん作曲の「red snow」という最新アルバムからのギター演奏が特に凄かったです。
何度もCDで聴いたはずなのに、目の前で鳴っているバンドの音はまるで別物のように生きていて、映画を一本見ているようなドラマチックな展開にのまれてしまいました。
途中(エフェクターのコネクタが抜けた?)機材トラブルもさらりと切り抜け喝采を浴びた鬼怒さんですが、まじめで謙虚そうな外見そのまま、何だか照れくさそうでした。

ドラムのジョーさんは、九州に来たのは初めて。
関門海峡ではしゃいでいた(梅津さん曰く)らしく、本当にきてくれてありがとう!と思いました。
きちきちにセッティングされたドラムの音は、パワフルかつタイト。
力強いドラミングは余計な音が一切なく、バシッと打ち鳴らされるリズムが、とても気持ちいい!
しかも初っ端から、梅津さんとの掛け合い演奏を披露。
いどみかかるサックスの音色と応戦するドラム、というはらはらどきどきの時間の、長い事!
スポーツウェアな上下を着ていたのは、きっとこのためでしょう。
(開場前に見かけたとき、ジョギングにでも行っていたのかな、と思っていたら、そのままの格好でライブでした)
楽しそうににこにこ笑って、跳ね回るようにドラムを叩く姿が印象的でした。
かわいい雷様みたい。

ベースの早川さんは、以前CHABOさんのライブでお会いしましたが、こ、こんな近くで見られるとは思わず。
ご自身のバンドHAYAKAWAで新譜も発表されたばかり。
どんと構えた骨太なベースラインは圧巻でした。
KIKIBANDの頑丈な屋台骨の風格。
唸るようなベースソロを随所にちりばめて、それがとても変化に富んでいて、ベースが歌っているようでした。
演奏中、口の端を上げて「にやっ」と笑う表情が、かっこいい!

そして、サックスの梅津さん。
1ヶ月前のこまっちゃとは少し違った雰囲気の、サックスという楽器の音と一緒に朗々と歌詞を歌い上げるような演奏、という印象でした。
「IZUMOYA」の演奏では、どうやったらそんな風な音が出るのだろう、というようなソロに感動しました。
吹き込まれた息がサックスを通り出てきたときに、音に色がついて弾けていくようで、梅津さんがサックスの魔法使いのように見えました。
ライブハウス全体にしみこんでいくような音の泡。
KIKIBANDのメンバーそれぞれの音、というのも、もちろん格好良いのですが、足し合わさったときの音の深さがすばらしかったです。
足し算じゃなくて掛け算でもなく、まるで別物みたいな世界。
気の合う、音の合う仲間同士なんだなあ、と強く感じました。

梅津さんの踏むステップや、演奏しながらのダンス、そして、のけぞりサックス演奏を間近で見られて、大はしゃぎしていたのは私です…。
ひざをついて、のけぞって、後頭部が床について、そこから起き上がる一連のストレッチ(!)の間中、鳴り続けるサックス。
ライブ会場内、歓声に包まれました。

ステージのないフラットな床の上、観客と同じ目線ですばらしいライブをしてくれたKIKIBAND。
前半で披露された新曲は、ツアー後にレコーディングされて形になるのだそうです。
楽しみです!待っています!
そして8日連続ライブの疲れを取って、ツアーを無事に成功させてください…!

梅津さんのバンド関連のグッズは必ず缶バッチがあるので、缶バッチコレクターとしては見逃すわけにはいきません。
デザインをされているのは久原大河さん。
彼の描く梅津さんの姿は、もはや、実物以上に梅津さんらしいアイコンとして完成していると思います。
アルバムのジャケットもきっと久原さんが描かれるでしょうから、これも楽しみのひとつなのです。

あっという間のライブでしたが、贅沢な耳鳴りの余韻と、ぐっと握っていただいた手の感触が宝物です。
サックスの魔法使いの手は、厚くて優しげな感触でした。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

たとと

Author:たとと
@viator_worksでTwitterやってます
絵を描くことと音楽を聴くことが好きです
絵ばっかりですが、時々覗いてくださるとうれしい
クロマニヨンズ/忌野清志郎さん/怒髪天/チリヌルヲワカ/50回転ズ/中村達也さん/友部正人さん/ラーメンズ
Painterと透明水彩が相棒です
Dr.Martensのブーツと緑色の変温動物を偏愛しています

follow?
viator_worksをフォローする
リンク
for mobile
QR
visitor
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。